スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サウジアラビア大使来山
 10月18日の夕刻、駐日サウジアラビア王国特命全権大使・アブドゥルアジーズ・トルキスターニ氏が来山されました。
 18歳になる娘さんがお国から来られたので日本各地をいっしょに廻っているとのことでした。
 本堂では北極星信仰についてお話しする中で、中国のシルクロードの旅は、北極星を確認しながら夜行ったと申し上げますと、大使もサウジアラビアでも同じように砂漠の移動は夜北極星を頼りに行うとおっしゃられました。
 それからは宗教談義というのでしょうか、イスラム教と仏教の比較などで話が弾みました。
 祖国でも若者がアメリカナイズされて宗教離れが始まってしまって国王も私も危惧していると実情を吐露されました。
 
スポンサーサイト
【2011/10/26 14:32】 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
タウト賞授賞式
 10月8日は昭和11年にブルーノ・タウトが少林山達磨寺を去ってトルコへ行った日で、ブルーノ・タウトの会では毎年この日を「タウトの日」として地域文化に貢献している方を表彰してきました。
CIMG0392_convert_20111015120402.jpg
 今年は「タウト賞」は該当がなく、前高崎市長の松浦幸雄氏に長らく当会の顧問をしていただきましたので感謝状を贈呈いたしました。
CIMG0400_convert_20111015120513.jpg
 また、記念講演には文化庁主任文化財調査官の佐々木正直氏にお話をしていただきました。
【2011/10/15 12:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月5日は達磨大師の誕生日です
 10月5日に達磨まつりを行います
 達磨大師は10月5日にお生まれになり、10月5日に150歳で亡くなられたといわれます。
 禅宗ではこの日は「達磨忌」とし、ご命日として法要を行いますが、当山では約200年前天明の浅間山の噴火によって天明の飢饉が起こり、農家の窮状を救うために9代目の東嶽和尚が張り子だるまの作り方を地元の農民たちに教え、指導して高崎だるまが生まれましたので誕生日そしてお祝いの法要を行います。
10時~木遣塔供養
11時~達磨忌法要
12時~昼食・チャリティーバザー・オークション
12時40分~七弦琴奉納演奏
1時 ~焰口施食(大施餓鬼法要)音楽法要
4時~放生会
【2011/10/02 14:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お見事スズメバチ?達磨型の巣 
 参拝客からスズメバチの巣があると連絡を受けて総門に見に行くと大きなスズメバチの巣が二つ重なってできていました。
CIMG0353_convert_20111002114732.jpg
 見上げる私のそばを通る方がさすが少林山のスズメバチだ、達磨型にちゃんと作っていると感心していました。
 私もなるほどと思いましたが、大勢の方々の通る総門にできてしまったため仕方なく業者に駆除をお願いしました。
CIMG0364_convert_20111002114902.jpg
 宇宙服のような重装備で高所作業車を使っての駆除でした。
【2011/10/02 11:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東日本大震災慰霊法要
 9月5~7日高崎仏教会の研修で東北地方をめぐり、大震災の被災状況をつぶさに見てまいりました。
テレビの映像とはやはり違い、被害のその場に立ったすごさには圧倒されました。
 CIMG0297_convert_20111002103446.jpg
これは日和山からの景色
CIMG0310_convert_20111002104616.jpg
石巻では浄土宗西光寺で慰霊法要を行いました。
 ご住職の樋口和尚さまから悲惨な当時の様子と現状を報告していただき、お見舞金と高崎だるま200体を寄贈してきました。
CIMG0315_convert_20111002104753.jpg
 高崎だるまは天明の大飢饉で苦しむ農家の方々を救うために作られるようになった由来と、七転び八起きで立ち直るための励みにするように檀信徒の方々に伝えて下さいと話してきました。
CIMG0321_convert_20111002105624.jpg
 すぐ近くのお寺は柱と屋根が残っていましたが仏像も壁もみな流されてガランとしていました。
CIMG0322_convert_20111002110026.jpg
 またこの小学校は避難場所になっていましたが、自家用車で避難する方々の渋滞しているところに津波が押し寄せ、校舎の4階まで折り重なるようになった車のガソリンに火が付き4階から燃えたので上のほうが黒こげになっているのだそうです。ここでも大勢の方が亡くなったそうでバスの車中から合掌回向しました。
【2011/10/02 11:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。